« 12月ライブスケジュール | トップページ | 今週末、z・imagineにてライブします! »

蓼科・温泉旅館ロビーコンサート 

昨日一昨日と、信州蓼科にある横谷温泉旅館さんのロビーコンサートに出演しました。
お風呂上りの浴衣姿のお客様の前での演奏は、今年の夏にいきました日光の温泉旅館に引き続き2回目でしたが、またもや楽しいひと時を、お客様と過ごせました。
自分はやっぱり日本人だあと妙に納得して、言葉を大切に歌いたいなあとまたもや思いました。
コンサートが終わった後で、お客様から頂いたメッセージを読み、励みになりました。
なかでも、結婚45周年記念のお祝いで蓼科旅行をされていたご夫婦のむつまじいお姿が印象的でした。なんかとっても憧れるなあ。
ご婦人は江利チエミさんがお好きだったとおっしゃってました。
うたや音楽もそうですが、なにもかもが溢れかえっている今と違い、少し昔は、うたや音楽ももっとありがたいような貴重なものだったとききます。蓄音機の針の音を一音もらさず熱心に聴き入ったり。。。
使い捨てでなく、ほんとにいいものってなんなのかなあとよく思います。
フロントでお仕事されていた日系ブラジル人の方と少しお話しましたが、日本の人たちはアフター5を家で家族と過ごすより、外で飲み歩いたり、また引き続き仕事とかが多いみたいとおっしゃてました。一般的に言って、ブラジルはやっぱり家族の絆をとっても大事にする国なんですよね。

蓼科の冬は早く、早くも道端の草に霜が降りてました。
寒さのあまりに、外出はあまりできませんでしたが、旅館から徒歩10分くらいにある”乙女滝”を観にいきました。
なぐり落ちてくるような水の一欠けらの塊をを上から下に目で追っかけました。乙女のような品のある美しい滝から出るマイナスイオンを存分に浴びました。滝といえば、ブラジル旅行でもイグアスに行って、とっても満喫しました。
2月はこの滝が氷の世界になるそうです。
どこもかしこもムーミン谷の冬のようになるのかなあと想像しました。
2月はマイナス20度ってどんな感覚なんだろうか。
バナナやりんご、ビールが凍る世界だったら、人間も冷凍になっちゃうんだろうなああ。。。

P061124_1154

| |

« 12月ライブスケジュール | トップページ | 今週末、z・imagineにてライブします! »

ライブ後記」カテゴリの記事