« Delirio | トップページ | 立川でフリーイベント »

うた

日本映画の傑作とうたわれている作品ですが、黒澤明監督の、”生きる”という映画を観ました。

胃がん宣告を受けた勤続30年無欠勤の市役所勤めのお役人が、それを機に皮肉にも生きなおすというお話です。彼は残された時間を、役所に訪れる市民の願い(新しい公園を作ること)をかなえることに命を燃やしました。

物語りもさることながら、主人公が歌った歌、ゴンドラの唄という大正時代の歌に感動しました。

2回映画の中で歌います。

一回目は、死ぬのがわかった後、死ぬまえに何がしたいのかわからず、それまで一度も夜遊びをしたことがなかったのに、夜中に狂ったように繁華街に繰り出し、ダンスバー?みたいなところで、ピアノ伴奏で涙しながら歌うのです。
二回目は、願いかない、完成した公園のブランコに乗って夜中に歌うのです。

ゴンドラの唄

吉井豊 作詞 中山晋平 作曲

1.
 いのち短し恋せよ乙女 紅き唇あせぬ間に
 熱き血潮の冷えぬ間に 明日の月日はないものを

2.
 いのち短し恋せよ乙女 いざ年をとりてかの舟に
 いざ燃ゆる頬を君が頬に ここには誰も来ぬものを

3.
 いのち短し恋せよ乙女 黒髪のいろあせぬ間に
 心のほのお消えぬ間に 今日はふたたび来ぬものを
  

| |

« Delirio | トップページ | 立川でフリーイベント »

日々のあわ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Delirio | トップページ | 立川でフリーイベント »