« ヒーリング&エコ イベント。 | トップページ | Minha namorada 私の恋人 »

健康法。

やはり何はともあれ、健康第一と、風邪をひいた後には必ず思う。政治家、田中角栄氏の生き切る信条3項目は①3度の食事。②熟睡 ③嫌なことはその日のうちに忘れる。  だそうだ。

喉元すぎれば熱さ忘れずにならぬよう、周りの方に健康法聞いてみたところ

1.一日2リットルの水を飲む。2.プロポリス。3.梅干。4.りんご。

5.玄米。6.早寝早起き。7.歩く。8.ストレッチ。

そして、何をやるにも”呼吸”。

ストレスを溜めない。

何より緊張はよくない。ず~っと前、音楽始めてしばらく、本番で歌っているとき、あまりの緊張で、過呼吸になったこともあった。それは歌って気分爽快とは程遠い世界だった。おそらく正反対。その後、歌うことと違うことをして時を過ごしたり紆余曲折。年月はやさしい、今ではそんなことはほとんどなくなった。時間に追われるということにも弱い。テンポ感は、当然音楽にも表れる。歌う歌は、スピード感がある超早い曲、早い曲は少なく、ミディアムテンポが多い。

去年の5月、惜しくも天国に召された、私のポルトガル語&歌の先生だった、カリオカ(リオデジャネイロの人)レイラ・マリアさんが言ってたことを思い出す。

”リオとサンパウロではテンポがぜんぜん違う”と。リオは海、山あって、仕事より遊び重視、きまぐれで、いろんなことの進み方がスローテンポ”対してサンパウロは、南米一の大都市。中心街は東京と同じようなビジネス街。人々の歩くぺースが音楽のテンポにリンクしている。

先日頂いたLPレコード、Luiz Claudioの intimidade (訳すと、、親密、私生活、プライバシー)1968  を聴いた。声が広くおおらかで、神経に落ち着きを与えてくれる懐かしいような音だった。テンポはミディアム。CDよりも、レコードのアナログの音を聴くとほっとする。

Ca2nmszp

Relaxar  Relax  

| |

« ヒーリング&エコ イベント。 | トップページ | Minha namorada 私の恋人 »

日々のあわ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒーリング&エコ イベント。 | トップページ | Minha namorada 私の恋人 »