« メンテ。 | トップページ | 東京タワー観光&8月残り予定。 »

8月15日。平和。

毎年8月になると、ジルベルト・ジルとジョアン・ドナートが作った”A Paz 平和”が私の中でリピートします。爆弾が平和な日本をもたらしたって。平和な今があるのは、酷な無残な歴史があったことを、無念の中で散った命を忘れないようにしなくては。この曲はいつでも私にとっての追悼曲です。戦争の影響が他の国に比べ、ほとんどなかったというブラジル生まれのミュージシャンがこうして日本のことを歌う、平和を歌ってる。そして、同時に彼自身の体験、大好きな人との平和な愛のために戦ったって、歌ってます。そのように、ベースのLuizaoから聞きました。ジルは、ブラジルの文化大使でもある国民的ミュージシャン。9月に来日します。かわらぬブラジル音楽のリーダー。

平和を、終戦の日、あらためて訳して見ました。

祈平和。 合掌。

A  Paz (Gilberto Gil&Joao Donato)

A paz invadiu meu coração
   
De repente, me encheu de paz

Como se o vento de um tufão

Arrancasse meus pés do chão

Onde eu já não me enterro mais

A paz fez o mar da revolução

Invadir meu destino, a paz

Como aquela grande explosão

Um bomba sobre o Japão
   
Fez nascer um Japão da paz
    
Eu pensei em mim eu pensei em ti

Eu chorei por nós
         
Que contradição só a guerra faz
      
Nosso amor em paz

Eu vim, vim parar na beira do cais
   
Onde a estrada chegou ao fim
   
Onde o fim da tarde é lilás
   
Onde o mar arrebenta em  mim

O lamento de tantos ais

Aaiss.....

平和が私の心に押し寄せた。突然私は平和で満たされた。

けしてもう深く埋まることはない大地から、まるで台風の風に足をもぎ取られたかのよう。

平和が革命の海を作った。それは私の運命を襲った。

平和、、日本に落ちた爆弾があの大きな爆発とともに、平和な日本を生んだ。

私は自分のことを考え、君の事を考え、私たちのことを思って、泣いた。

なんて矛盾なんだろう。戦争だけが私たちの愛に平和をもたらしたなんて。

私は来た。波止場の瀬戸際に来た。

そこは道の最終地点。

夕暮れの最後はライラック色。

海が私の中で砕ける。

たくさんの嘆きが押し寄せて来る。.

|

« メンテ。 | トップページ | 東京タワー観光&8月残り予定。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メンテ。 | トップページ | 東京タワー観光&8月残り予定。 »