« キック☆ | トップページ | Dom de iludir   #2 »

Dom de iludir 人を惑わす力

Caetano Veloso が Gal Costaに贈った曲だそうです。

Galは大輪のトロピカル・フラワーのようなすばらしい声と歌唱の持ち主。

GalのデビューアルバムはDomingoというCaetanoとのアルバムだった。

そのアルバムは地味なポスト・ボッサ的な作品で、名盤と言われているが、
後の大輪の声とはまた違った趣向です。

この曲との出会いは、大学1年の頃の冬。

もう今はない、当時あった六本木のCD屋さんで買ったGalのベスト盤に入ってました。

一緒に買いに行ったのは当時一緒にユニットしていたサークルの男の子。

まさかこの曲を歌うように、ギター弾くようになるとは
全然思ってもなかったくらいに、遠い曲だった。

しかし今では、、、この曲は何度歌っても飽きない、深く美しい曲だ。

キーはギターにおいしいAで弾くに限る。

そして多分このアルバムのベースはLuizaoのように思う。

完璧なアレンジとスタジオ・ミュージシャンともちろんGalの歌!

domは贈り物、恵み、才能。私は力って訳したい。

           

Dom de iludir  人を惑わす力  /   Caetano Veloso

Não me venha falar da malícia de toda mulher   
   
Cada um sabe a dor e a delícia de ser o que é 

Não me olhe como se a polícia andasse atrás de mim 

Cale a boca e não cale na boca notícia ruim 

Você sabe explicar 
       
Você sabe entender tudo bem 
      
Você está

Você é 
      
Você faz 
    
Você quer 
      
Você tem 
    
Você diz a verdade e a verdade é o seu dom de iludir 
 
Como pode querer que a mulher vá viver sem mentir

全ての女性の悪口を話しに僕のところに来ないでよ。

皆それぞれ痛みがあるし、
その人であることの無常の喜びを知っている。

まるで警察が僕のあとから歩いているかのように僕を見ないでよ。

口を閉じてだまって、でも悪いニュースだったら黙らないで。

君は説明できるでしょ。

君は理解できるでしょ。

いいよ、その調子。

君は居る。

君はそんなふうだ。

君はする。

君は欲する。

君は持っている。

君は真実を言う。

そして真実は人を惑わす力。

だけど、女性が嘘なしに生きることは
どうして望めることなんだろう。

( ̄ー ̄)訳=Sanaenasa

|

« キック☆ | トップページ | Dom de iludir   #2 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キック☆ | トップページ | Dom de iludir   #2 »