« ボサノバを楽しもうの会。 | トップページ | Jair Oliveir. »

呼吸。

何はともあれ、呼吸。

生きている限り、呼吸し続けるわけですが、体調が乱れたり、ストレスを強く感じると、呼吸が乱れます。

赤ん坊の頃は、何も考えず、深く腹式呼吸していたのに。

小さい子どもの走る靴の音を時々聞くと、そういえばあんなふうに無心で最近走ってないなと思い出す。

恐怖や躊躇やそんなものを知らずに、よく走って、スキップもして、よくひさこぞうにかさぶたを作ったり。(思い出しただけでいた~~い)

頭と心。

心と頭。

心はこしたいのに、頭はこうしなきゃ、で、呼吸は上へ上へアップアップ。

あがる、というのは呼吸が上へあがること。

伝統的な日本人のスタイル、本音と建前、義理と人情の社会はやっぱり演歌の世界なんだよなあ。

ほぼ毎日ポルトガル語の歌を聞いている。

ブラジルの男性歌手Pedro Marianoを聴いたら、気になる単語が出てきた。

Pedrodさんの歌う歌は頭じゃなく、心に来る。

"desabafar" カタカナにすれば、”ヂサバファー” が近いか。。   

(他動詞)

1.(防寒着などを脱がして)薄着にさせる。

2.(呼吸を)楽にさせる。

3.・・・から取り除く。

4.(感情などを)さらけ出す。

5.・・・から開放する。

(自動詞)

1.気をまぎらす、心のうちをさらけ出す。

2.楽に息をする。

日本の冬は、寒くて厚着になって、肩もこりますが、いい歌、音楽を聴くと、薄着にさせてくれ、呼吸が楽になり、感情がほどけます。

一つの単語にも色々ニュアンスがありますね。

歌についても、体調の悪いときこそ、呼吸が頼り。

喉が痛かろーと、息にのって音が出て行く。

よい日曜日を★☆

| |

« ボサノバを楽しもうの会。 | トップページ | Jair Oliveir. »

日々のあわ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボサノバを楽しもうの会。 | トップページ | Jair Oliveir. »