« 私の右手。 | トップページ | レコーディング、そして浅草ボサセッション。 »

大好きなケニー・ランキンさん。

Can6wroz

このお花、造花じゃないかと思うような、よ~くできたお花だなあと家で咲いたこのお花をまざまざと見ました。おやじさまに聞いたら、カシミールという名前だそうだ。

友人から借りたケニー・ランキンさん(ボーカル、ギター、ピアノ)のブルーノート東京でのライブ映像録音で、オリジナル曲のHaven’t we met?を ギターを弾きながら歌ってます。そして、最後に弾き終わったあと、マイクにギターの弦全体が触れ、思いっきりがりがりとノイズがなりました。

それで、ケニーさんは、ジミー・ヘンドリックスと言って、お客さんを笑わせていました。

えっと、思うような大きいノイズで、ほんとにまるでジミヘンががりがりしているような音でした。

美しい音楽のあとで、のがりがりはちょっとびっくりするかもですが、それも自然な流れ。

ケニーさんは、耳にここちよい甘い声で、素晴らしい歌唱、それに確かなギターテクニック。ジャズのスタンダードナンバー、ビートルズやポップな曲のメドレー、そして、バーデンのビリンバウも歌ってました。

大好きなケニーさんのHaven’t we met? ジミヘンはなしの(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=KCSEfz8VGis  

| |

« 私の右手。 | トップページ | レコーディング、そして浅草ボサセッション。 »

日々のあわ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の右手。 | トップページ | レコーディング、そして浅草ボサセッション。 »