« ほんとうにありがとうございました!! | トップページ | たっき~。 »

あぢあぢぢぢぢ。

残暑お見舞い申し上げます。

とにかくこの頃とても暑いですね。涼しいところに逃げたくなりますね。インフルエンザも流行の兆し、どうなってしまうのでしょうか。北海道や東北はまだあまり感染者がみつかっていないらしいですが。ワクチンの順番を決めなければいけないなんて、なんだか子どもの頃に読んだSFの世界が、忍び寄っているかのような。地震もこの頃多いですが、地震、雷、火事、おやじだけじゃなく、いろんなことに不安をあおられる要素のあるこの頃。
せめて音楽の中にいる時は平和な気持ちでいたいです。

リリースライブが終わり、少しづつ日常に戻りつつあります。
またあのようなすばらしメンバーさんたちと、バンドでライブをできたらなあ~。
ほんとうにリリースライブならではの贅沢な一夜でした。
少人数で歌っている普段のライブに来てくださっている方々にも喜んで頂くことができて、うれしいです。
はじめてのお会いできましたお客様も、ご無沙汰していた方々も、お会いできてうれしかったなあ。ありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。

右手のmini foto albumの中に、今のところ一枚ですが写真をアップ致しました。

普段のライブでは、前日の夜中に目を覚ましたり、終わったあと眠れないということもこのところありませんでしたが、今回のリリースライブは、初心に帰らせて頂きました。
本番は、緊張よりも喜びと幸せな気持ちで一杯になりました。

今回お声をかけてくださった、エンジニアの滝口さんに教えてもらって助けてもらいつつ、はじめてのアルバムでプロディース業もさせて頂きました。あれこれの雑用や決め事、そして歌とギターとで、軟弱な私は何回か寝込みながら(笑)、助けていただきつつ、終わらせることができました。

レーベルも自分のレーベルを作り、アルバムタイトル曲”虹色の音”にちなんで、Rainbow Recordsとつけました。

タイトルソング”虹色の音”の歌詞にもあるけど、録音のメンバーさんとのリリースライブは”幸せの瞬間”の連続でした。音楽は生き物で、一瞬たりともとまっていなくて、あっちいったりこっちいったり、バンドのサウンドの中で、楽しく泳がせていただきました。

思えばバンドでちゃんとライブとして歌わせていただくのは、10年前以上前、LuizaoMaiaさんのバンドで歌わせていただいて以来のことでした。
そのときできなかったことが、できるようになったことが自分のなかで感じられ、月日の流れが無駄じゃなかったなあとも思いました。
はじめて当初のころ、ひどいときはあまりの緊張で、過呼吸になったりしたこともありました。それがひどい時は恐怖で、緊張に耐えられず人前で歌うなんて無理かなという時代もありました。
でも、ライブを続けることでいつの間にか少しづつ克服できたかなと思いました。

ヨガや呼吸法や色々な精神論の本読んだり、色々試行錯誤しましたが、やっぱり最後は自然体かな。親しい友人にそのことを言ったら、緊張するというのはええかっこしい、よく見られたいってのがある証拠だよとか、逆に命がけで歌っているんだね、とか、その全部をきこうとしていた自分。もっと若い頃は、たしかに神経質で気にしすぎの傾向がありました。年はとりましたが、時はやさしい。

何をするも何を思うも、時間は平等に過ぎていく。

Don't worry, be happy

線路は続くよどこまでも。

|

« ほんとうにありがとうございました!! | トップページ | たっき~。 »

日々のあわ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほんとうにありがとうございました!! | トップページ | たっき~。 »