« お能はJoaoと同じ効能がありましたよ。 | トップページ | かもかも。コテコテ。 »

癒しって。

時々、ライブやCDで私のうたやギターを聴いてくださった方に癒されました。などのご感想を頂きます。時には私よりだいぶ年下の20歳前後の若者に言われると、若者も疲れているのかななどとなんだか胸中複雑な気分になります。

赤ちゃんのいるお母さんの友人に聞くと、赤ちゃんと一緒にいると癒されると言ってました。確かにそうだろうなあ。。無垢で飾りのない命、正直なそのまんまの姿を見ちゃったり、頼られたりしたら。。

自分はどんなときに癒されるというと、お風呂入ってぽっかぽっかあったまったとき、自然の中に行っておいしい空気を吸ったり、おいしいもの食べたり、、。。

音楽では、たとえばsax奏者ジョン・コルトレーンさんに癒されるというsax奏者、piano奏者が何人かいらっしゃいました。自分で作曲したのを録音したのを聴くと癒されるとかいう方もいました。私は自分の録音を聴いてるとあらさがしもはじまり少し落ち着きなくなります。癒されるとは言えない聞き方になってしまいます。

最近やっとi-podを手に入れました。MDがとうとう(確か3代目くらいか。。)壊れたので。PCに入っていたのを自動的にi-podに落とした中に、私のCDのmix前の歌だけのものも入っていた。i-podで聴いてみた。Dom de iludirの歌だけのを聴いたら、あら捜しは置いといて、自分の声を聴いて自分で安心したような気分になった。

bossa novaの歌もギターもはじめた当初は癒しなんていう言葉はまだ聞きなれない言葉だったけど、確かに癒しだったのだろう。疲れた若者だったのかは定かではないが、一番初めに癒されたボサノバ体験は、Astrud Gilbertoの声、歌、そしてJoaoのギターと歌。小野リサさんデビュー当時くらいのカレーターザンのCMのBGMにはっとした。素のままのうたとギターのシンプルな世界に。

同じ音楽だってその時々で聴きかたはかわったり、感じ方も違ってくると思うけど、今も昔もAstrud Gilbertoの声には癒されます。

癒し以外に、元気をもらう音楽もあれば、気分が開放されたり、喜びをもらえたり、素晴らしくて惚れ惚れする好きな歌手も演奏者もいろいろいらっしゃいますが。

ライブでの演奏で弾いて歌って、音楽のおかげで閉じているものを開かせてもらっていると感じることもありますが、自分で自分を癒しているとは感じない。Joaoは、自分で演奏して自分で癒されているのか。どんな感覚なのか、そしてどんな時癒されるのか。。など聞いて見たい

| |

« お能はJoaoと同じ効能がありましたよ。 | トップページ | かもかも。コテコテ。 »

日々のあわ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お能はJoaoと同じ効能がありましたよ。 | トップページ | かもかも。コテコテ。 »