« Wave 波 を日本語で歌おう。 | トップページ | 先週にさかのぼって、浅川マキさん。 »

蓼科の旅♪空と山と音楽♪

1月23,24日と信州蓼科、横屋温泉旅館さんのロビーコンサートで歌わせて頂きました。

横屋さんのブログで書いてくださっています。ありがとうございます。http://yokoyaonsen.blog32.fc2.com/blog-entry-89.html

東京から車で約3時間で自然が待っています。山と空を見ているだけで、満足するような気分になってしまいます。

空がほんとに青くて、どんな青より青くて、切なく、泣きたくなります。車窓の青、露天風呂から見る青。見上げる青。あんまり美しくて吸い込まれて、戻って来れなくなりそうです。

ボサノバの作曲家Jobimの曲でSo tinha de ser com voce(わたしはあなたと一緒じゃないといけないの)という曲の中で、”わたしをあなたの青の世界に住まわせて”という歌詞があります。それを思い出し、その青の気分になってしまいます。

”東京にはほんとうの空がない”と、高村光太郎さんの奥様、智恵子さんが”智恵子抄”で言ったのは有名ですが、わたしもそう言いたくなりました。

すばらしくお宿が満室御礼とのことで、今回はじめて近くのお宿、パークホテルさんに泊めて頂きました。

コンサート後、オリオン座を観ながら、露天風呂!これが今回のこの旅で一番の感動な瞬間だったかもしれません。

オリオン座の一番明るい星は、あともう少しで大爆発してしまうって、友人から聞きました。爆発してからしばらくはとんでもなく輝くそうです。

そしてあとは何もなくなるのです。無になって、真っ暗になるのだそうです。

肝心のコンサートは、1時間連続でソロというのはわたしにはあまりないパターンで、生まれて2回目の経験で、鍛えて頂いています。プログラム今回2日間、同じにしましたが、だいたいぴたりの一時間で収まり、ほっ。

Joaoは、日本来日のときは、2時間半ソロで歌ってくれたことを思うと涙です。

おいしいお夕飯、ぽかぽかの温泉入浴の後、あとは眠りを待つばかり?かなという、20時から21時まで。

はじめは目をぱっちり見開いて聴いてくださっていた方も、最後に向かうにつれ、だんだん、だんだん、うとうとされて。その変化を目の前で観れるのも貴重な体験です。わたしが二人居たら、わたしも浴衣着て、客席で同じ事を体験したいです。

ブルーライトヨコハマを最近歌わせて頂いていますが、リアルタイムな世代の方々が多いのかもしれず、ご一緒してくださって、うれしい。世代を超えて、残るうたってやっぱりすごいと思う。
あとは、次は演歌でなにかよいのないかなあと思案中です。
演歌ボッサ。
名曲たちに負けじとオリジナル曲も3曲聴いていただくことができました。
お宿の周りは、自然の宝庫。
乙女滝のマイナスイオンは20000!乾燥の季節にはとくにうれしい。しばらく離れたくない。
周りにはまだ雪が残っていて、つららが~。白もやっぱり美しい。
以前、山国出身の友人が、山が呼んでる~と言っては、あちこち旅をしていたのを思い出します。
山を見るとなぜか拝みたくなります。山が俺を呼んでるぜてきなその気持ち、今ならわかるな。
温泉&おいしいお食事&大自然で、デトックスされました。
オーガニックな時間ありがとうございました。
Casa0nkb ←夕日が山に隠れて行きます。
Ca4sjxo7 ← 乙女滝。白&青空。
Caot6yq3 ←雛あられのようなカラフルなテンプラ

| |

« Wave 波 を日本語で歌おう。 | トップページ | 先週にさかのぼって、浅川マキさん。 »

ライブ後記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Wave 波 を日本語で歌おう。 | トップページ | 先週にさかのぼって、浅川マキさん。 »