« 国立の桜。 | トップページ | ♪♪西澤沙苗 ☆ボッサ通信☆ 2010年4月号♪♪ »

L.R.BaggsのDIさまさま・もろもろ♪

エレガッドの内臓アンプが壊れ、なおしてもらったけど、低音が出ず、電気を通すといい音が出なくて、とても困ってました。

またなおしてもらうか迷ったけど、お世話になっている音響の滝口さんにすすめていただいた、L.R.BaggsのPara acoustic DI が昨日の発表会でも威力を発揮しました。

なしで、アンプに入れるのとあきらかに音が違い、これは手放せません。ただつなぐ機材が増えれば増えるほど荷物が重くなります。

ヤマハの新しいエレガッド、ギターの梶塚さんに弾かせてもらったところ、これがあたりのギターで、しかもお手ごろ価格で、欲しくなってしまった。

だけど、Rioにも行けるタイミングで行かなきゃ、、だしだし。

今日は、一日家で休養デイとなりました。

一歩も外に出ず、あまりしゃべらず、部屋でおとなしく。

天気も天気だし、好きな音楽聴いて栄養をもらいました。

今日聴いたのは、オリジナルラブの sunny side of original love 、吉田美奈子さんのベスト盤、Elis Regina のVento de maio(5月の風)。

それから、ボサケンでお世話になっている&生徒さんでもあるギターの細川さんに頂いた音源、マイケル・フランクスのアルバム、Sleeping gypsy がとっても心地よい、癒されます(涙)

アントニオズソングで有名になったマイケル・フランクスさん。かえるの作曲者、Joao Donatoに捧ぐ歌が最後に入っていてオススメと聞き、特に最後の曲に期待したら、やっぱりとてもよかった。

マイケルのボーカルはどこまでも優しいトーン。押し付けがましい主張が1%もない、くらげが水中でゆらゆらしているイメージ。今日にはまりました。

そして、ラリー・カールトンのギターが最高です!ラリーさんは、Donald Fagenさんのこれまた大好きなアルバム、The Nightflyでも入っていて、このアルバムもしつこくしつこくヘビーローテなのです。好きになるとしばらく同じ曲を何度も聴いて、多分以降、一生嫌いになることはない。

| |

« 国立の桜。 | トップページ | ♪♪西澤沙苗 ☆ボッサ通信☆ 2010年4月号♪♪ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国立の桜。 | トップページ | ♪♪西澤沙苗 ☆ボッサ通信☆ 2010年4月号♪♪ »