« 白い日は、春の植物縁でした♪ | トップページ | Rio のCDショップに置いてもらっています。 »

映像が浮かぶ。

松田聖子さんがずうっと前に歌っていた、Vacancyという曲。

作詞作曲者もその当時知らないで、以前なぜかコピーして、譜面にしていたもの、ずっとお蔵入りになっていた。

調べたら、作詞は、銀色夏生さん、作曲は原田真二さん。

松田聖子さんのアルバム9th.Waveというのに入っていたけど、今は廃盤なのかもしれません。

最近思い出し、また聴いてみたら、ちょっとサンバっぽかった。

映画みたいに、映像が浮かんで来る。

映像が浮かんでくる、銀色さんの詩。

エンディングは、半音転調してサックスのソロ。これがまたかっこいい。

聖子さんはキーが高い。

B♭からGに下げた。

聴けばすぐわかるハイトーンの独特なかわいい声、素敵な歌手だ!

☆☆☆

Jobimの3月の水も今月の課題曲にしてある。

後半に入ってしまったが、念仏状態にして歌詞をリピート。

最後のチャンスは31日(水)!

☆☆☆

もうすぐ歌えるかな。。

Vacancy=からっぽ、空、空室、うわの空。

銀色夏生作詞。

(Verse)

なにもかもだめですね、気にしてばかりで。

ここまで来られて幸せなはずなのに。

(theme A)

炭酸にストロー、ふざけて笑ってる。

手をふるテラスの横顔がまぶしいわ。

(B)

指をそっとのばしたら、この恋は消えるのね。

銀河をわたる風のように あなたはすりぬけてしまう。

(A)

麦わらを片手に眠ったふりしてる。

さっきから呼んでるの、 ねえ波が高すぎて少しこわい。

(B)

誰のものにもならないの?

あなたは優しいわ。

気づかれないように夜明け前

部屋から抜け出すのはなぜ?

(A)

静かなクロール リーフが光ってる。

読みかけの本を砂浜に投げ出して。

この次の約束に困った顔したの。

夕日の反射がまぶしかったせいでしょう。

*リーフ=reef  礁 水面に見え隠れする岩。

|

« 白い日は、春の植物縁でした♪ | トップページ | Rio のCDショップに置いてもらっています。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白い日は、春の植物縁でした♪ | トップページ | Rio のCDショップに置いてもらっています。 »